Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

話題の「糖尿病網膜症 レーザー治療」をまとめてみた!

健康・美容

話題の「糖尿病網膜症 レーザー治療」をまとめてみた!
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

糖尿病網膜症の治療

糖尿病網膜症の治療は失明予防からより良い視力の維持に主眼が置かれている。

QOV(Quality of vision)を維持するため には糖尿病患者が医師の指導にしたがって眼科検診を受けることが鍵だ。

糖尿病網膜症は初期だけでなく進行した段階でも自覚症状を欠くことが多いため 定期的に眼科受診を促すことが重要です。

糖尿病患者の眼底検査


糖尿病患者は 眼底検査が正常でも年に1 〜 2回の定期検査は必要としており、血糖コントロールが悪い期間が長くなればなるほど網膜症も進展してしまいます。

糖尿病と診断されて約8年で約30%が網膜症を発症します。少なくとも1年間は2 〜 3ヵ月ごとの綿密な経過観察が必要です。

糖尿病網膜症の発症・進展を防ぐHbA1cの閾値を6.5%未満。HbA1cが 10%を超えていたら1 〜 2ヵ月に1回くらいの割合で精密眼底検査を行う必要があります。

糖尿病網膜症を発症していたら、2型糖尿病の場合、治療開始前および3ヵ月、6ヵ月後に眼底検査を行う必要があります。

有用性高いレーザー光凝固


糖尿病網膜症が進行すれば失明のリスクも高くなります。

増殖網膜症の段階でも黄斑浮腫を合併していなければ視力に影響しないこともあります。

視力に問題がなくても、この状態を放置すれば、突然、硝子体内に出血して目が見えなくなることもあります。

視力を守るために有用性が高いのはレーザー光凝固の方法があります。

レーザー光凝固とは、網膜の虚血部分にレーザー光を照射して熱で凝固することで新生血管の発生を阻 止する治療法です。

レーザー光凝固は糖尿病黄斑浮腫にも有効で、外来通院で治療できます。


Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
1
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!